幻覚に魅せられた何とか。

いろいろ書きます。雑記ブログです

タクシーと電子書籍

こんばんわ皆さん如何お過ごしでしょうか?けいななみです。

さて今日のコンテンツはこちらです。

 

 

タクシー会社から配車を拒否されている

私は有るタクシー会社から配車を拒否されているのですよね。

多分理由は統合失調症だからでしょう。

そういうことを言ったら、ブラックリストに入ったのですよね。

 

だからいっつも電話かけても、配車できませんの一点張り。

まぁしょうがないのですよね。

 

だからタクシー会社を変更するしかないのですよね。

まだ2社残っているからアレなんですよね。

 

でもその2社からも配車拒否されたらどうしようかなぁ

そういう不安が過るのですよね。

 

まぁ別にアレだと言われないので。アレなんですけどね。

こういうクレームはどこに持って行ったら良いのかなぁ。

 

国土交通省かな?担当は。

まぁ障害者差別だから。本当はあったらいけない事なんですけどね。

まぁそんなクレームを上げるのはまだアレなんですけどね。

 

料金の駆け引きとかやったことはないのですよね。

そういうのをやると露骨に嫌な顔されるのですよね。

 

だから言った金額で払ってしょうがないのですよね。

私はヘタレなので、そういう料金交渉が難しいのです。

 

 

電子書籍の売上が凄いらしい。

某違法配信サイトが無くなったら、

電子書籍の売上が

5倍位になったとかいう話ですね。(嘘かもしれないけど)

 

私は今の出版社が駄目なところは、

電子書籍のフォーマットや仕様を共通化しようとかいう話が

無いのですよね。電子書籍のフォーマットは有るんですよね。

 

問題はそれの権益を少しでも獲得しようとする。日本の出版社が

自分たちの利益しか目がないから、

消費者のニーズに応えてないのですよね

 

私も電子書籍サイトで色々見るけどね。どうもググった情報が

段々劣化していってるのですよね

 

ググった情報が全然使い物にならなくなってきているのですよ。

だから書籍で見たほうが良いのですよね。

 

だからリアルの店舗が撤退したらそういうのを見ることが

出来なくなるのですよね。

 

まぁアマゾンKindleとか使いやすくはなっているけどね。

まだもう少し使いやすくなったほうが良いのですけどね。

 

まぁアマゾンは倒れることはないでしょうね。

私はそういうのを対抗するために。日本の出版社で連合を組んで

 

もっと消費者のニーズに合った電子書籍フォーマットが

使えるようになれば良いのですけどね。

 

まぁ無理だとは思うけどね。

 

終わりに

まぁそういう事なんですよね。

読んで下さり有難うございました。