幻覚に魅せられた何とか。

いろいろ書きます。雑記ブログです

昔の会社

こんばんわななみです

 

もう時効だから言うけど。

 

私は引き抜きの電話が掛かってきたことが一回だけあるのです。

 

引き抜こうとした会社は、プラスチックの成型工場でした。

 

その時に仕事していたのは、養鶏をしていた会社でした。

 

何故引き抜きの電話が掛かってきたかというと。

 

私はトライアル雇用で入った、プラスチックの成型工場で、

 

オペレータとして入ったのですよね。。でも私PDDですから。

 

当然仕事のことを教えてくれ無いし。誰も味方にならなかったのですよね

 

でもある上司が、私の才能を見つけ出してくれたのです。

 

指示されたされた内容は、製品の不良率を下げること。

 

私は私なりに、考えて、行動したのです。

 

そして製品の不良率は3%から0.3%まで下げることが出来たのです

 

そしたら製品を検品するパートのおばちゃんから、感謝されましたね。

 

製造部で作った製品に、明らかな不良が無くなって、製品の質が上がったって。

 

でも私の製造部では私が仕事するのを拒否して居たので。

 

私がトライアル雇用が終わる3ヶ月目で、私が必要とされてない会社にいても

 

意味は無いなぁって思って、辞職したのです。

 

その後の話なんですけど。それまで製品の不良率が0.3%だったのが、いきなり

 

7%にまで上昇しててんてこ舞い。検品はめっちゃ負荷が掛かってどうしようも無い。

 

もう帰って来てって言う電話をしてきたのですよね。

 

私は、製品の不良率が0.3%まで落とすことに成功したんだから。

 

それがクレームの処理とかに時間を割くとか変なことになるのは、本末転倒

 

まぁそうなってクレームの嵐で、製品の納品先が納入を打ち切るって言われて

 

その後会社は解散、工場は閉鎖してしまったのです。

 

まぁざまぁ見ろというか。私がした仕事で、一番アレだったのですよね。

 

何故不良率を下げることが出来たのかと言うと私は第六感で仕事をしていました

 

ああこの製品何かおかしい?と言う勘が働いて、すぐに検品に持って行ったのです。

 

そしたら0.3mmのバリがでてるッ言われて。即メンテになったのですよね。

 

そう言うのを繰り返していたら、製品のレベルがですね。

 

とんでもなく上がったんですよ。他にも、私派遣から嫌われてたので、

 

(すぐ文句言ってくる。)だからウザいと言う理由でしょうね。

 

だから派遣のする仕事はマニュアル通りなんですよね。作った製品に自信が無いのです

 

何でかと言うと。製品が明らかに不良品なのに、それを生産し続けるんですよね

 

まぁマニュアルしか書いてないからですね。緊急対応のルーチンをマニュアルに

 

入れ込めば良い製品が出来るのにと思っていたのですよ。

 

まぁ人材派遣はあまり良く無いのですよね。

 

私はそういう私にしか出来ない事。第六感って言うのを使いこなすことが出来る

 

人間なんだなぁって思ったのです。

 

だから予知の画面が浮かんで今すぐあっこの製造ラインに急げとか、

 

幻聴君が(この時はまだ良かった)指示してくれたのですよ。

 

で行ったら、金型に破損が見つかって。製品出荷を停止する事が出来たのです

 

殆ど運ゲーに近いけど、予知が出来た時点で、未来は確定するんだけど

 

その方向を曲げることは出来るのです。第六感の感想ですけどね。

 

そして私の事を評価してくれた人も。もうそこにはいないのですよ。

 

大体たばこ休憩ってなんなんだと思いましたね。休憩に付き合えとか

 

意味がわからないのですよ。

 

まぁ働くことは大切なんですよね。

 

だからアレなのです。ヴィジョンが見えなくなったけど

 

それで仕事するしかないのかなぁ?でまぁリーマス減らして、身体のだるさとか

 

精神的な疲れとか無くなれば良いのすけどね。

 

 

 

私来週は診察なんですけどね。リーマスについての感想を言いなさい

 

って言われるので。正直に性欲が上がったです。と言うしかないのです

 

まぁ衝動を抑えているからですね

 

 

まぁそういう事ですねではまた明日

 

読んで下さりありがとうございました。